3月の暖かな陽気で早まる発芽

3月は平年を上回る気温で推移し、下旬には20℃を超える日もあり、りんごの生育も一気に早まりました。

黒石市にある(地独)青森県産業技術センターりんご研究所では、「陸奥」3月29日(平年より8日早い)、「ジョナゴールド」3月30日(同7日早い)、「つがる」「王林」4月1日(同7日早い)、「ふじ」4月2日(同7日早い)に発芽しました。地域によって生育差もありますが、7日程度の進みが見られます。

4月の上旬は雪や雨と寒い日が続いていますが、気温が今後上昇する可能性もあり、展葉、開花と生育ステージの進みが心配されます。また、黒星病の被害落葉による子のう胞子が感染しやすい時期となりますので特別散布など薬剤防除や被害落葉の回収といった耕種的防除を行い、初期感染と密度低下に努めましょう。

りんご園も雪解け進む

各地で桜の開花も聞こえる中、黒石市のりんご研究所で19日に消雪を発表しました。平年より10日早いです。

過去最も早かったのは1989年の3月4日、積雪深も55㎝と雪が少ない年だったようですね。

りんごの発芽も早まる可能性もあるので、剪定作業や枝片付けなど春先に向けて計画的に進めましょう。黒星病対策に耕種的防除、薬剤防除の準備もしっかり!

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

おかげさまでりんご産業を支える生産者のために役職員一同、基本に立ちかえり、地道に、ひとつずつ、目の前のできることから取り組んで参りたいと存じます。

本日、仕事始めとなり、内山専務より〝Next One(次なる一手)〟〝Keep Smile(笑顔で仕事)〟との挨拶があり、気持ちを一心に務めてまいりますので本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。

皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

IMG_9091